Process
blueoverに限らず、靴はさまざまな工場で数多くの工程を経て出来上がります。
私たちがどうやって工場と関わり、靴を仕上げていくのか
そのほんの一端ですが、ご紹介していきたいと思います。
1
企画 / ラスト
-project-
道具が必要とされる理由
ブルーオーバーにとって、靴は道具であるという考えを軸に置き、世の中に存在する理由を明確に打ち出します。履く、歩く、から次の価値を見出すため企画を考えます。
-last-
ラスト製作
靴の顔、履き心地を決める足型をしたラスト(木型)の原型は、日本人の足型を意識しながら、一塊の木片を職人が手で削りだし、オリジナルで製作しています。
2
サンプルの作成
-material-
素材と場所の選定
革の「なめし」方法。靴によってはナイロンなどの生地を選定。靴の内側の生地(ライニング)にインソール。履き心地を左右するソールの硬さなど、いく通りもの組み合わせを考えて、工程に適した工場なども決めていきます。
-sample-
イメージを現実に近づける
生産に入る前、製品と同じ工程・素材を使用したサンプル作成を少量行います。出来上がりや、履き心地などの細かな調整は、完成度を高めるために不可欠です。生産が行われる直前まで繰り返し調整を行うこともあります。
3
生産/オリジナルの革
-original-
オリジナルの革
blueoverは多くのモデルで、染色やなめしの製法など、工場の職人さんと確認しあいながら、オリジナルで革を使用しています。
-tanning-
皮を革にする「なめし」
ドラムなめし、ピット槽なめし、タンニンやクロムなど、さまざまな方法で皮を「革」にするための処理を行います。それぞれに特長があり、モデルの性質に合わせて、なめす製法も選択していきます。
4
裁断
-cut-
裁断と梳き作業
ラストを基につくられたパターン紙から抜き型を作成し、革や生地を裁断。革の無駄が出ないように、一つひとつ手で抜かれたパーツは、縫製時に厚さが揃うよう、重なる部分のフチを梳きます。これも、すべて手作業でおこなっていきます。
5
縫製
-sewing-
一つひとつから、ひとつに
裁断されたパーツを、ミシンで裏地(ライニング)と共に縫い付け、つま先やかかとを支える芯を入れます。こうして、足を覆う靴の上部「アッパー」が完成します。
6
ソール
-sole-
神戸長田の加工底
長い製靴産業の歴史を持つ、神戸の長田で「加工底」をオリジナルで作成。型にはめて完成する成形底とは違い、手作業でモデルに合わせた形に切削して完成します。
-processing-
貼り合わせて削り出して
加工底は一枚のEVAシートから型で抜き出し、2枚のシートを張り合わせ、切削を行います。アウトソールとミッドソールが異素材の場合は、1点ずつ特殊な接着剤を塗り、強い圧をかけることで強固に接着が可能です。
7
吊り込み
-machine made-
機械作業というには複雑な
縫製で仕上がった「アッパー」をラストにかぶせ、靴のモデルごとに細かな調整が必要である、機械の強い力によって、革をラストに沿わせるように突っ張らせます。
8
底付け
-assembly-
全てが集まるところ
アッパーとソールはひとつの工場に集められ、モデルごとにさまざまな製法で組み立てられ製品になります。
-craftsmanship-
産業が残す複数の技術
衰退しつつある製靴産業のなかで、培われた技術を絶やさないために「マッケイ」「グッドイヤーウェルト」などの国内で行える場所が少なくなった製法も、blueoverは各モデルへ取り入れています。
9
仕上げ
-finish-
仕上げまでの気配り
縫製の糸や革の状態に目を光らせ検品し、必要な処理があれば行い、箱へしまうという工程までに、さまざまな気が配られます。
このページのトップへ