岡山県 「ヒバリ照ラス」でPOPUP STORE開催 3/2 -3/16

大人になりたかったあの時、私は岡山にいた。

18歳から22歳までの四年間だ。

 

岡山市内に「サウダーヂな夜」というカフェバーがある。

そこではいつでも素敵な音楽が流れていて、色んなアーティスとを招いて音楽イベントも行っている。

故郷の山口から岡山に出てきた大学時代、私はそこでアルバイトをさせていただいていた。

 

その時出会った大人達はどこかキラキラしていた。

その時出会った音楽は私の中のあらゆる感情を揺さぶった。

音楽が好きだった私は週2、3回サウダーヂのカウンターに入り、背伸びをして大人達にに混ぜてもらった。

当時、彼らは店のソファ席であれやこれや討論していた。

音楽について、仕事について、映画や本について。

そんな大人達に憧れ、近くにいたいと思った。

私のアルバイト代はあっという間にCD やハイネケンに変わり、クラブイベントで朝まで踊ることもあった。

 

あるとき、「サウダーヂな夜」の森山さんが言った。

「素晴らしいミュージシャンは沢山いる。けれど有名な人、世間から注目されている人はほんの僅かしかいない。

世間に対して、未だ日の目を見ないすばらしいミュージシャンがたくさんいること、聞いたこともない音楽があることを知ってもらいたい。

ミュージシャンには、直接お客さんが音楽で心揺さぶられる姿を見てほしいし、ライブを開催したり、CD か売れることで彼らの収入の足しになれば……」

 

衝撃が走った。

そんな背景があったとは知らなかった。

 

当時、将来靴づくりを仕事にしたいと思い始めていたが、大学の専攻と異なり悩んでいた。

そんな悩みを森山さんに相談すると、彼は「でれーあちーが!」(すごく熱いね!)と言ってくれた。その言葉が私の背中を押してくれた。

私は縁に恵まれている、縁はつながっていると思う。

そして今、私はblueoverに携わっている。

 

「もの」の背景、作られる意味、ものを作る人たち、そういった「ものがたり」を大事にしたい。

「ものを大切にする気持ち」

「工場の職人さんや技術を残したい」

どこかサウダーヂのmindに通ずる気がしている。

 

今回、岡山での開催には特別な思いがあります。

「ヒバリ照ラス」でのPOP-UPは森山さんに相談して開催を決めました。

「サウダーヂな夜」を手掛ける森山さんが手がける複合ビル「ヒバリ照ラス」。

雑貨や本のセレクトショップ、ゲストハウス、イベントスペースが併設されています。

こちらにお邪魔させていただきます。

 

岡山を出て12年経ち、憧れていた彼らに今の自分を見てほしい。

岡山は大事な場所だから、これからもつながっていたい。

縁でつながっているからこそ、私は岡山に帰る。

(アズマ)

 


ヒバリ照ラスでは過去にblueoverで私(アズマ)が携わったモデルを特別価格にて展示販売

※色、数ともに数量限定になります。

 

LUMMERLAND(ルンマーランド)

爪先に余裕のある、幅広なオブリーク気味のオリジナルラストを採用。

クラシカルなパターン、しなやかさを持つマッケイ製法でうみだされたスニーカーは、機械と手仕事の製法により生み出され、上品な佇まいを兼ね備えながらも、しっかりした履き心地を実現。

経年変化を楽しめる素材も、履きこむ楽しみがあり、手仕事の加わったその姿にふさわしい愛着が生まれます。

 

ZUK(ズク)

ルンマーランドに使用されている、つま先幅広のラストを使用したスリッポンタイプのZUK。

アッパーのメイン素材にmikeyと同様の発色のいいベロアスエードを使用、履き馴染みを楽しめます。

履き口には強い伸縮性のあるゴムを使用。しっかりと足の甲を包み込んでくれます。

軽量で高いクッション性のあるEVA素材をソール全体に使用することで軽やかで快適な履き心地を実現。

 

LUKE(ルーク)

メインに厚口ベロアを使用。ベルクロでサイズ調整可能なサンダル。

繊維のつまった厚口ベロアは、タンナーで加工・染色。同色のナイロンテープで統一感ある表情を作り上げました。

マッケイ製法で使用されるミシンを使い、サンダルに生じがちなアッパーの剥がれを防止。堅牢性を高めがながら、ソールはスニーカー同様の加工底を使用しており、クッション性のある履き心地を生み出しています。

 

それ以外のモデルも限定ではありますが用意する予定です。

 


■内容

blueover POP-UP STORE

場所:ヒバリ照ラス( HIBARI TERRACE )

webhttp://hibari-t.com/#hibariStore

会期:3/2-3/16(10日はアズマ在廊

アドレス:岡山県岡山市北区表町2-7-15表町商店街内

TEL:086−230−2833

info@hibari-t.com

OPEN / 8:00 – 21:00

CLOSED / Tuesday (1F/3F)