マルコ再入荷&ベロアモデルリリース

ブルーオーバーの隠れた定番モデル、マルコ&マルコブーツが旗艦店ストラクト、そのほか店舗に再入荷しました。

ブランドとしてあまり大きく宣伝もしていないのですが、ビジネスの用途にも取り入れやすく、昨今の働き方改革の一環であるスニーカー通勤推奨の流れもあり、メディアでも取りあげていただき、評価をいただいております。

そこで今回の記事ではマルコをまだ知らない方にも、知っている方にも、より詳しくその内容をおつたえします。

毎回欠品が続きがちなこのモデル。ぜひ、ご確認ください。


ブルーオーバーの定番モデルマルコとは?

このマルコというモデル、実はブランド立ち上げ当初から販売され続けています。

コンセプトはブランドのアイコン的モデル「マイキー」をフォーマルな仕様にあわせたデザイン。

幾たびものマイナーチェンジを経て、現在の姿になっています。

過去のマルコは、アッパーパターンをマイキーの型紙そのままに、ソール設計を変更したデザインでした。

その後、ラストの変更やソール設計、アッパー材、アッパーパターンを見直し、ほぼ作り直すような形でいまの姿へとたどり着きました。

当初セメンテッド製法であったソール成型から、革靴の製法として取り入れられているマッケイ製法へと変化し、これまで以上にビジネス対応できるシューズとして生まれ変っています。


1代目マルコ:マイキーと同じパターン。ソールユニットが異なる。

 


2代目マルコ:シュリンクレザーと厚めのソールが特徴的

 


現行マルコ:もっともフォーマルな佇まいに

 


こだわりのソール

ブルーオーバーのシューズはすべて、国内の工場で生み出されています。

それらすべては大規模な工場ではなく、小さな町工房というような小規模なものです。

先端技術をつかってというよりは、アナログ的な人の手によって少しづつうまれでているような感覚。

マルコの、特に手間のかかった特徴的なソールは、兵庫県神戸長田で作られています。

長田は古くからシューズ製造の産地であり、いくつもの小さな工場が立ち並んでいました。しかしアジア生産の煽りや、阪神大震災などが重なり、次々とその場所は失われていくことになります。

ほかにもさまざまな問題を抱えてその規模を縮小しながら、工場は稼動しつづけています。


EVAの裁断風景。大判のEVAシートから抜き型を使いパーツを裁断しているところ。

そんな靴つくりの産地である長田が得意とする技術が、ランニングシューズにみられる「軽量、反発性能をもつEVAというスポンジ材の加工技術」です。

現在市場に出回っているシューズの底材は、金型成型によって作られているものが大半です。ソール材の表面につや感があり、ウレタンソールと呼ばれます(EVA材の成型ソールも存在しています)。

EVAの加工底は、それらすべての源(みなもと)といっても過言ではありません。

加工底の技術は、形が決められた金型に原料を発砲させ成型する現代のソール製法ではなく、一枚のスポンジシートを裁断して貼り合わせて形作る、手作業の工程を多く挟むクラフト的なものです。

一足一足に人の手が関わっており、非常に手間隙のかかったソール。それが加工底です。

マルコのソールはその中でもさらに多くの工程を踏んで生産しています。こだわりの詰まった設計と手仕事は特徴的な外見にも表れています。

ではそのマルコのソールは一般的な加工底とどこが異なるのでしょうか。


加工底の構造

まず、一般的な加工底の工程です。

足全体を支えるEVAのシートと、ウェッジと呼ばれる傾斜板のEVAのシートを裁断。

そして地面に設置するアウトソール材の裁断。それらを張り合わせ、フレア角(ミッドソールのテーパー角度)や角処理など経て一足のソールユニットとなります。


加工底は「かかと、本体、底面」と3層となるのが一般的

その一般的な加工底と比べてマルコのソールはすこし変わっており、上記のソールユニットの上に、さらに一枚プレートがのっかているような意匠になっています。

その訳は「セメンテッド」と「マッケイ」という、アッパーとソールをくっつける製法の違いからきています。

マッケイはセメンテッドに比べるとソール交換時の破損率が低いといわれています。それはアイナカと呼ばれるゴムや革などのプレート素材がアッパーと縫いつけられており(マッケイ製法)、それとソールユニットが合わさる形になるためです。

履いていてソールが削られていく。そうしたとき、アイナカ部とソールをはがすことで、アッパーに対しては強い負荷がかからずダメージは残りません。

そういった理由でマッケイ製法はソール交換ができて、長く履き続けることができるというわけです。

言い換えると、セメンテッドの製法は、ソールをはがす際にアッパーに強い負荷がかかるためダメージが残ります。アッパーのダメージ具合ではソール交換ができなくなってしまうこともあります。

これがセメンテッドのシューズにたいして、ソール交換が絶対にできると言い切れない点でもあります。


マルコとマイキーのソール踵形状の違い。

話を戻しますが、マルコの製法はマッケイです。

アッパーとアイナカをマッケイしたものとソールを貼り合わせるのですが、そのときソールの貼り合わせる面がアイナカにピタッと合わさるようにマルコのソールは設計されています。


アッパーに縫い付けられたアイナカと、ソールを貼り合わせているところ

その合わせ面のガイドとして、ソールのコバにピースを巻きつけています。

なぜこのような手間のかかることをしているか。

それはピース無しで単にソールを貼り合わせると、その後のソールの周囲(側面)を削って形を整える工程でアイナカの外周が少し削られることになってしまうからです。

これは修理交換を重ねるごとに徐々にアイナカを削ってしまうことにつながってしまいます。そうなるとマッケイでも交換が難しくなっていく可能性を秘めています。

マルコはそのリスクを軽減させるため、アイナカを削らないですむようにソールを設計しています。このアイナカが内側に入っている意匠はあくまで機能として生まれ出た形で、それが自然と他のソールと異なる姿にもなりました。

通常より手間隙がかかりますが、いつまでも履き続けるシューズを目指してうみだされたソールです。

ちなみにオリジナルのマルコソールはブルーオーバーでしか交換できません。


マルコつま先拡大画像。アッパーとソールの間のくぼみの箇所がアイナカ。このアイナカとアッパーが縫い合わさっている。

スニーカーか革靴か。ちょうどいい塩梅

マルコはスニーカーであるマイキーというモデルをベースに、フォーマルなスタイリングにも対応できるというコンセプトの元、初めは作られました。

しかし、その後の進化を経て、マイキーとは大きく異なる姿になっています。

もっとも違いが映し出されているのがラスト(木型)。

ラストは靴のすべてといわれるほど、その靴を表す大きな要素のひとつともいわれていいます。


左:カイロンラスト 右:マイキーラスト

マルコは、マイキーで使用されているラストとは別の、より革靴のシルエットになるように設計されたラストを使用しています(写真左:カイロンラスト)。

これが同じアッパーやソールのデザインでも、まったくことなる表情を生み出す理由です。

アッパーデザインも基本設計はマイキーながらも、各箇所の寸法設計を調整しており、革靴としての要素が多く含まれています。

ですが、基本デザインはスニーカー。

アイレットステイやヒールカウンターなどのスニーカー的アイコンとしてのアッパーパターンは踏襲されています。

またソールもスニーカーからの設計思想が含まれているので、革靴のような硬い履き心地ではなく、それこそスニーカーとしての履きやすさ、軽快さを持つ感触を十分に保っています。

マルコは非常にこまかな設計のもとにうまれたスニーカーとしての革靴。

オンオフどちらでも使えるユーティリティ性を持ち、ジャケットやスーツに合わせるスニーカーとして、ちょうどいい塩梅になってくれます。


いがいなほどの軽さ

「この靴、軽い!」という評価もいただいております。

ですが、靴の重量感は単純な物質的な数値だけではなく、お客様の足にフィットするかしないかで体感重量が異なってきます。

ラストの形状や、アッパー設計によるフィット感の高さからこういった声が届いているとすれば、大変うれしい限りです。

ですが、マルコは数値的にも軽量化を測ることにも取り組んでいます。


計測重量はマルコ片足27.0CMで重量335gという数値。

アッパー材に「合成皮革」や「合成繊維」といった化学繊維を材料に採用することで、通常は軽量化を図ることが可能です。しかし、品質面からみてそれを選択しませんでした。

アッパーのクオリティを落とすことなく軽量化するということを、アッパー材以外の部分で作り上げています。

特にソールは重くなりがちな部分なので、それを避けるため、アウトソールにはビブラムソールの中でも軽量のものを採用。EVA、アイナカといった部分も細かく見直し、機能性を損なうことなく軽量化を図っています。

一般的な革靴をイメージしながら手に持つと、マルコはその軽さに驚かれる方が多いと聞きます。ですが、先にも記述したようにアッパー材には妥協することなくこだわっており、フォーマルな場でも申し分のない品のある表情となっています。

そして通常のマルコと同時期に展開しているブーツタイプですが、こちらもブーツながら非常に軽量に仕上がっており、これまでのブーツとは違う価値観で履いていただいています。


旗艦店限定のベロア仕様

そしてこのマルコの再入荷とともに今回は限定のベロア材をまとったカジュアルでシックな仕様のマルコがリリース。

革靴、ブーツ両モデルにそれぞれ、ブラックとベージュの2カラーでの展開。

これまでのマルコとは一味違うベロアモデル。スムースレザーだけではまかなえなかったスタイリングにも対応できるモデルが、旗艦店限定でリリースされました。


マルコベロアブラック

 


マルコブーツベロアブラック

 


マルコベロアベージュ

 

マルコブーツベロアベージュ

※マルコベロアモデルはストラクトのみの展開となります。

 

お問い合わせはストラクト、取扱店舗各店へお願いします。

ストラクト
住所:大阪府大阪市西区京町堀1-13-21 高木ビル3F
営業:12:00〜19:00
電話:06-6447-6030