tamaki niime × blueover「おかっぱ」モデル

日本の中央、兵庫県は西脇市は「播州織」で栄えた町。

tamaki niimeは年齢や性別、国籍を問わない誰にでも愛されるショールとして、新たな播州織を開発。

実際に、世界各国、年齢性別を問わないアイテムとして愛されています。

現在ではシャツ、デニムなどの洋服や、生地もコットンから生産するなど、本当の「1」からのものづくりを実践。

「日本のへそ公園」近くに工場と店舗(ストア&ラボ)、さらにカフェスペースを設けて、工場見学やさまざまな催しを行い、生み出すアイテムにも通底する理念を、さまざまな活動を通して伝えていっています。

そんなtamaki niimeの靴を、この度blueoverが作らせていただくことになりました。

数メートルに及ぶオリジナルの生地。裏糸を途中で変えることでさまざまな色が見え隠れ。

生地を取る場所により靴の表情もさまざま。1カラーながら、同じものが見られない特殊な靴となりました。

この生地を活かす為に生じてしまう制約を加味して、パターンを設計。

つま先とかかとに貼り付けられた人工スエードは、巻き上げたソールとの接着をより強固なものにするために。

こうして、必然的に生まれたさまざまな制約がデザインとして活かされて、印象的なつま先の「おかっぱ」部分は生まれています。

特徴的なアイレットは生地のほつれを防止。そのほかにも細かなディテールの調整を1年かけて行いました。

おかっぱは、現在開催中のtamaki niime shop&labの2周年イベント「ふたつ会」会期中の8月18日にお披露目されます。

イベント詳細URLhttp://www.niime.jp/event/stockroomlog/#a1091

ブランドウェブサイトhttps://www.niime.jp/

旗艦店struct限定モデル

ソフトレザーを使用し、クタリとしたダンスシューズのような表情が特徴的なレザーモデルの「おかっぱ」

こちらは大阪のblueover旗艦店structで限定販売。

同日の8月18日よりWEB&店頭で販売開始予定です。

ストラクト
住所:大阪府大阪市西区京町堀1-13-21 高木ビル3F
営業:12:00〜19:00
電話:06-6447-6030
WEB:https://www.struct.biz/