flagship store struct

© blueover,all rights reserved.

10th PROJECT:04.「サンプル」の完成

share on

前回、ついに「みんなのマイキー」に採用する防水ヌバックやアイナカなどのパーツが全て決定! 今回はそのパーツが一体になった「サンプル」ができあがります。
果たして、マッケイ製法を採用しながらもスニーカーらしさが残る一足が実現しているのか。10周年記念に相応しい「みんなのマイキー」の姿がついに明らかになる連載最終回です。

「01.企画会議」へ

「02.仕様を決める」へ

「03.革と、底材」へ

人物紹介

渡利(ワタリ)
blueoverの発起人であり、デザイナー。たまの趣味は木彫り。

江川(エガワ)
blueover / structのスタッフ。冬の間、編み物にはまった。


いよいよ10周年記念日が今週末に迫ってきました!

みんなのマイキーの連載も4回目。
パーツだったものが、サンプルとしてついに一足の靴になったよ!

ばーーーーん!

おお~!
ぱっと見は、やっぱりマイキーですね!

そうね。今回はマッケイ仕様にしたり仕様を変えたとは言え、アイナカを白にしてEVAとの合わせも同色にすることでスニーカーライクに、マイキーらしくはできたかな。

でも通常マイキーにくらべると、アイナカ分も加わってソールが少しボリューミーになった

たしかにちょっと厚底ですが、この分かりにくい特別感がブルーオーバーらしい(笑)
アイナカから下のソールユニットは消耗しても、アイナカがあるからキレイに貼り換えできるってことですね~

奥が定番マイキー、手前がみんなのマイキー

つま先も先端はEVA部分に角度をつけて、ブーツにっぽくならないようにしてる

定番マイキーではつま先が巻き上がってますけど、みんなのマイキーは角度をつけつつも巻き上げではないんですね

左が定番マイキーのトープ、右がみんなのマイキー

アッパーはマイキーの型紙そのまま。あくまでマイキーだからここはあえて、何も変えないことが大事。
だけど、防水ヌバックが通常のベロアよりも厚みがあるから、存在感がましましです

たしかに、定番マイキーに採用しているのは革の表側を取ってある床ベロア。
だから一枚そのままの革の表面を起毛させているヌバックと比べたら、やっぱりヌバックは厚みも存在感も違います

しかも、防水ヌバックやからね。
ということで、前回に続き今一度防水パフォーマンスを!

※防水処理がされていないヌバックの場合は、すぐに水がしみ込み色が変わる

好きですね~。
そして靴の状態で見てもすごい、この防水…

やっちゃうよね…

で、カラーはグレーとブラックの2色ですね

グレー
ブラック

定番マイキーでも鉄板の2色やね。
あと、いつもと違うところがもう1つ

えーっと…

ベロ裏のタグですね? 10周年特別タグ!

そうそう、このタグは今回のためにつくったんですよ!

基本的にはうまくできたんだけど一点だけ想定できなかったこともあって…
それがソールユニットとアイナカの貼り合わせなんです。
アイナカが大きくて、ソールユニットが少し小さくなってしまった

でも、靴にする前の段階では、ソールユニットとアイナカはぴったり同じサイズになるようにしてましたよね

上にのっているアイナカと、ソールユニットはぴったり同じサイズ

そうなんだけど、設計上ぴったり同じにしても、結果的に貼り合わせる時に「ずれ」が発生してしまうことがわかったんです

ソールユニットに対して、アイナカの方が凸になってしまってます。
これは、狙ってこうなるようにしたわけじゃないですよね?

狙ってないね。本当は凸凹じゃなく、フラットになるはずだった

実はイマイチよく分かってないんですけど…
パーツの状態ではぴったり揃ってたのに、なんでこうやってズレが発生するんですか?

アイナカをマッケイで縫い付けることで、アイナカの素材が引っ張られて大きくなったりしているんだろうね。こればっかりはどうしようもないなぁ

なるほど。
アッパーにアイナカを縫い付けてからソールユニットを貼り付けてるから、順番も関係あるんですかね~

で、最終サンプルではアイナカの凸部分を無理矢理削ってもらった(笑)

凹凸は無くなったけど、ちょっとアイナカがガタついているような…?

製品版ではフラットになるよ。
最初のサンプルとは逆にアイナカが凹、EVAが凸になるようにしておいて、最後にそのソールユニットの凸部分を削ることにした

つまり、ルンマーランドみたいな感じになるんですかね?

そうそう、今回はスニーカーらしさにこだわってアイナカを白にしたから、実際はもっと一体感出るけどね

なるほど。なら安心ですね

これまでにも、それこそルンマーでやったことある仕様やしね

マッケイ製法を用いたモデル、ルンマーランド。ソールの端面に凹凸はなくフラット

多分、製品開発する人や会社によってまちまちだと思うんですけど…
サンプルって、今回のように製品の一歩手前で終了することもままありますよね

確かにそうやね。
もう売っても大丈夫なくらい、製品と寸分違わぬところまでサンプルを繰り返すこともあるし、今回みたいに9割がた完成してるけど細かい調整は製品版で行うってことも多い

完成した、といってもあくまで「サンプル」。今回の場合は本当の完成は製品になった時、ということですね

ちなみに、このサンプルは10周年記念日の4/17(土)に、ブルーオーバーの旗艦店ストラクトでお披露目ですよね?

そう!
この連載を読んでくれた皆さんには、これまでの試行錯誤の道のりがサンプルから透けて見えるはずなので。その辺りも楽しんでほしいですね

そして、4/17(土)からゴールデンウィーク明けの5/9(日)まで、この「みんなのマイキー」の予約を受け付けます! 勿論、4/17(土)に限らず予約受付中はストラクト店頭でサンプルをご覧いただけますよ

量産は少し時間がかかるから、製品をお渡しできるのは秋の始め頃の予定かな

サンプル完成…でも、大切なことがまだ決まってなかった!?

あの、1つ気付いてしまったんですけど。
このみんなのマイキー、値段が…まだ決まってないですよね…

いやいや、決まってるよ

あっ、決まってたんですか!

25,000円+税でいこうと思ってます

あれ? ヌバック+マッケイにしては安すぎるような…
ヌバック+マッケイのルンマーランドはたしか29,000円+税だったと思いますが

そうなんですよ。でも10周年ということだしね。
値段というよりも、みんながいてのマイキーであり、ブルーオーバーなので思い切ってこのプライスにしました

「みんなのマイキー」の名前の通り、支えてくださるみなさんを思って値段を決定したってことですね。
つまり…10周年記念の今回だけってことか~。
この仕様も価格も特別な「みんなのマイキー」、是非ファンの皆さんにお届けしたいですね!
この連載は今回が最終回です。読んでくださった皆さん、ありがとうございました!

10周年を迎えたブルーオーバー、これからもどうぞよろしくお願いします!

  • みんなのマイキー
  • ・blueoverが10年間作り続ける定番モデル「マイキー」を10周年仕様にした特別な「みんなのマイキー」。アッパーは防水ヌバックに変更。通常ソール交換が難しいセメンテッド製法のところを、ソール交換ができるマッケイ製法にしたことで、より長く履き続けられる一足に
  • ・価格:27,500円(税込)
  • ・予約受付:4/17(土)~5/9(日) 店頭もしくはWEBストアから
  • ・サイズ:22.5cm~ 28.5cm(1cm刻み) サイズ感は定番マイキーと同じです。サイズ感を確かめたい方は定番マイキーでお試しください
  • ・カラー:グレー/ブラック

「01.企画会議」へ

「02.仕様を決める」へ

「03.革と、底材」へ

関連プロダクト