flagship store struct

© blueover,all rights reserved.

6月のmarco

share on

オン/オフを選ばないmarcoモデルは、blueoverの中でも人気のあるモデル。

シンプルでラウンドの効いたプレーントゥで、一見すると愛らしい雰囲気がありつつも、スラッと長いノーズはスーツと合わせればしっかりフォーマルな表情。

この絶妙な二面性が、オン/オフを選ばないマルチな理由。

平日は仕事で、休日はカジュアルに。

靴は休ませながら履いて欲しいけれど、休む間がないほど活躍できてしまう。

さらにmarcoはブランドオリジナルの防水レザーを採用し、雨の日にも活躍できてしまいます。

革の表情を楽しめる防水レザー

防水レザーというと革の表面に防水剤を塗布し、のっぺりとした表情や防水加工が劣化してしまえばシミになったりと、あまりいいイメージがありません。

marcoの防水レザーはブランドオリジナルで老舗のタンナーとともに作り上げました。

表面に防水剤を塗布するわけではなく、革の繊維に防水剤を染み込ませて仕上げるため、革が存在する限り防水効果は持続。

革の表情もしっかりと残り、経年変化を楽しめる味わいのある履き味を楽しめます。

長く使うための作り

仕事にも休日にも、ましてや雨の日にも履けてしまうからこそ、長く使える製法でmarcoは仕立てられています。

ソールと本体(アッパー)は、本格革靴で使われる「マッケイ製法」と呼ばれる製法で縫い付けられた作り。

さらにそこに、スニーカーに使われるEVAソールを貼り付けて完成しています。

このblueoverオリジナルのソールユニットは張替えが柔軟に可能で、長く履き続けていただくことが可能です。

(ソールの張替えサービスは両足で1万円+taxで承っています)

365日履けてしまうmarcoモデルですが、人と同じで靴にも休息は必要です。

便利すぎるからこそ、ご自身の労をねぎらうように、時々はシューボックスで休ませてあげてください。

そうすれば、雨の日も風の日も、仕事で辛いときにも、恋人や家族と過ごす幸せなときも、どんなときでも一緒にいられる相棒となる一足です。

関連プロダクト