flagship store struct

© blueover,all rights reserved.

【渡辺平日・連載】その靴いいね。どこの靴?#03【最終回】

share on

2019/7/10

〈mikey〉を履きはじめて、変わったことがふたつあります。ひとつめは、前よりも天気を気にするようになったこと。革靴だから湿気は厳禁。雨が降らないかどうか、念入りに気象情報を見るようになりました。なんとなく、大人になったという感じがします。

でも、予報が外れる場合もあるし、専門家でも予想できないようなゲリラ豪雨に見舞われるケースもあります。それに備えて常にレインカバーを持ち歩くようになったことが、ふたつめの変化。

これは日本の雑貨メーカーが立ち上げた〈ALL DAY ALL DRY〉というブランドのプロダクトです。小さく折りたたんで持ち運べるし、そのわりにはソールがかなり頑丈なので、かなり重宝しています。

(旅行先へ持っていきたいけど、途中で雨が降ったら困る。でも、わざわざ予備の靴を用意するのもちょっと……)という悩みも、これを携帯しておけば一発で解消です。

「そこまでして、履きたい?」という声が聞こえてくる気もしますが、そう、そこまでして履きたいのです。

2019/7/25

ネットショッピングを楽しんでいたら〈blueover〉のバナー広告を発見。「相変わらず、シャレてるなあ」などと見ていたら、〈サイズ交換 1回可能〉という文言が目に入ってきて驚く。さらに、往復の送料もメーカーが負担。

靴をネットで買うのはたしかにちょっと不安。こういうサービスがあると購入者としては助かります。とはいえ、この施策によるメーカー側のコストは少なくないはず。つい、買い物をするのも忘れて、その意図について考え込んでしまいました。

たぶんですが、「自分たちのものづくりに自信がある」ということだけじゃなくて、「正しいサイズの靴を履いて、快適に暮らしてほしい」というメッセージが込められているような気がします。おそらく、そう大きくは間違ってはいないと思いますが(今度、聞いてみることにします)。

2019/8/13

mikeyを使いはじめて2ヶ月が経過。メモを見返してみると、その間に21回も履いていました。だいたい3日に一回のペースですね。ここをひとつの区切りとして、良かったところと、気になるところを振り返ってみました。

いちばん素敵だなと思ったのは、足元の印象がビシッと決まるところ。Tシャツにデニムみたいなカジュアルな格好でも、これを合わせるとずいぶん雰囲気が引き締まります。もちろん、シックなジャケットスタイルにもしっかり調和してくれますよ。

しっかりといえば、この靴の履き心地の良さにも感心しました。今まで経験したことのないホールド感だったので、最初は足を傷めないかを心配しましたが、まったくの杞憂でした。革の靴だから、だんだんと自分の足の形に馴染んでくるんですね。

タウンユース用に硬度を設計したというソールも秀逸。僕は扁平足気味なので、わりとすぐに疲れてしまうんですが、おかげさまで街歩きがはかどりました。〈足が疲れにくい〉という謳い文句のスニーカーをいくつか持っていますが、そのどれよりも快適で、ついニコニコしてしまいます。

一方で、常に水濡れに注意しないといけないのは、あまり革靴を履かない身としてはけっこう大変でした。防水スプレーやレインカバーである程度はフォローできますが、それでも気をつかいます(これは靴の問題というよりは、僕自信のマインドの問題という感もありますが……)。

あと、足は痛めませんでしたが、靴ずれには悩みました。特に履きはじめのころは大変だった……。このあたりは使っているうちに馴染んでくるので、あまり心配ないと思いますけど、下ろしたての時期は注意しておいたほうがいいと思います。2ヶ月使ってみて、気になったところはこれぐらいですね。

真夏のピークも去って、そろそろ秋がやってきます。もうすこし涼しくなったら、旅行やアウトドアに精を出そうとあれこれ計画を立てています。

靴選びの大切さ、靴を育てていくことの楽しさ、そのほか色々なことを教えてくれたmikeyに、色々な景色を見せてあげたいなと考えています。あちこち歩き回ると思うけど、これからもひとつよろしくね。

一旦、おわり

第一回を見る<–

  • 渡辺平日(Heijitsu Watanabe)
  • 日用品愛好家。美しい道具や民藝品の話題に反応して振り返ります。
  • twitter:@wtnbhijt

 

photographer

  • 野口羊(Yo Noguchi)
  • twitter:@ktzgw

関連プロダクト

  • mikey

    mikey

    ¥19,800+tax(税込)