靴はさまざまな工場で数多くの工程を経て出来上がります。 私たちがどうやって工場と関わり、靴がうまれるのか、 一端ですが、ご紹介していきたいと思います。
1

ラスト:
靴の顔、履き心地を決める足型をしたラスト(木型)の原型は、一塊の木片を職人が手で削りだし、オリジナルで製作。

Last:
Last determines a face of the shoe, and also affects its comfortableness.
Our original lasts are shaved our of wood by craftsmen.

2

皮を革にする「なめし」:
ドラムなめし、ピット槽なめし、タンニンやクロムなど、さまざまな方法で皮を「革」にするための処理を行う。

Tanning:
The process or art of converting hides or skins into leather.
There are various ways of tanning, such as drum tanning, pit tanning, etc.

3

アッパー:
パターンから抜き型を作成し、革や生地を裁断。そして裁断されたパーツを、ミシンで裏地(ライニング)と共に縫い付け、つま先やかかとに芯材を入れアッパーと呼ばれるユニットを作成。

Upper:
First materials are cut out by using a trimming die which is made based on the pattern.
Put a lining next, then insert core materials in the toe and heel.

4

ソール:
地面に設置するソールと呼ばれる底材は、EVAやラバーシートを裁断し積層していく加工底とよばれるものを神戸長田で作製。

Sole:
Sole is made of layers of EVA and lubber sheet. This part is made in Nagata , Kobe.

5

吊り込み:
縫製で仕上がった「アッパー」を機械と手によってラストに沿わして貼り付けていく「吊り込み」を行います。

Lasting:
Sewn upper is placed into a lasting machine that grips the upper and pulls it down onto the last.
This process is conducted by hand.

6

底付:
釣りこまれた靴のアッパー(上部)とソール(下部)はセメントやマッケイ、グッドイヤーと呼ばれる製法によって貼り合わされて行きます。

Assembly:
Upper and sole are combined together by various ways, for example, cemented, good-year, or mckay process.

このページのトップへ