【初お目見え!】お世話になっているファクトリーブランドのポップアップ!

暑い日が続いております。

この度、ブルーオーバーがお世話になっている工場様がファクトリーブランドを立ち上げたとのこと。

おめでとうございます!

そこで、自分たちにも少しばかりお手伝いできないかという想いで、今回ストラクトでブランドローンチポップアップを開催することになりました!

会期は<7月29日(金)~7月31日(日)>の3日間開催。ストラクト店頭にて実物を見ることができます!

hide base project(ハイドベースプロジェクト)」と名付けられたブランドは、岡山県倉敷にある製靴工場が新たに立ち上げました。

 

hide base project(ハイドベースプロジェクト)とは
「日本の失われゆく”ものづくり”を次世代へと承継する」をコンセプトに手仕事と機械仕事で表現するハンドメイドブランド。
ブランド名となっている「hide base」とは隠れ家。職人たちが集まり、自由気ままにものづくりに励む場所を目指したいという想いが由来。日本には最盛と衰退の末に眠る多くの技術と製法があり、これからも増えてそして忘れ去られていくと考え。そういった技術と製法にもう一度フォーカスし、次の世代へ継承していく。それが「hide base project」の使命としている。

 

バルカナイズド製法

なんと。このブランドは国内でも珍しいバルカナイズド製法を採用しているんです。バルカナイズドと言えば、オールスター、バンズですよね。日本ではムーンスターさんやASAHIさん、ニチマンさん(スピングルムーブ)といったところでしょうか。国内ではゴムメーカーさんが、設備投資して比較的大きな加硫釜を設置しているイメージで、あんまり資本の無いところはOEMするしかないと思います。

 

ですが!

 

この製靴工場が、小さな加硫釜を導入する工場と協力し生産体制を作りあげたとのこと。当初、僕らにも生産のお声掛け頂いたんですが、ラスト問題などもあって、採用を見送っていたんです。

ちなみにバルカナイズドとはの説明をすると・・・

バルカナイズド製法とは、1839年にアメリカの発明家「チャールズ・グッドイヤー」によって発明された製法で、成型した未加硫のゴムを専用の釜を用いて加熱、加圧してアッパーとソールを接着する製法。昔は革新的な生産方法だったんですが、最近はセメンテッド製法に押され、生産性の悪さから数少ない製法となっています。ですが、ゴムとアッパーを加硫材で反応させて圧着させているので、とても丈夫で加水分解の心配がありません。

詳しくはこちらを参照に・・・

で、小さい加硫釜を導入してバルカナイズドでも少量生産が可能なんだという。聞くところによると130℃の熱を一時間熱して加圧。それでおよそ7足生産しかできない。(これはセメントの生産性に比べて相当低い数字です。)

なんとも手間暇のかかる方法生産。

しかも今回のオーダーはすべて受注生産!

これはまさに工場でなければ実現しない贅沢なオーダー会であります。

ですが、少量生産の場合、バルカナイズドで作ると、製品の個体差が発生するようです。これは大量生産においては問題視されていますが、このブランドはあえてこの個体差を「個性」としてとらえているとのこと。

着用、使用においては全く問題ないということです。

そして製品は全工程を自社工場+岡山県内の工場で行い、地域工場との連携によって作られています。

 

なつかしさのあるモデル

    今回発売するモデルは"Origin-Hi"”Origin-Lo”2モデル。どちらもどこか懐かしさを感じるデザインで、過去にも、そしてこれからもそばにあるようなデザイン。

    足入れ感は比較的ベーシックなラストではないでしょうか?ソフトな革素材もあいまって、タイトには感じられませんでした。履きこむほどに足なじみが出る一足に思えます。

    ホワイト


     

    ブラック



    アッパーは染色された素上げ仕上げに、ソフトで肉厚なタンニン鞣しの革を採用。素材の良さを十分に味わうことが出来る革となっています。

    いい革です。



    インソールにはコルクのカップインソール。快適な足あたりに吸湿性を持った快適な仕様。アウトソールには耐滑性能に優れた「ハイパーV」を採用しています。(どうもSASUKEファイナリストのほとんどがこのハイパーVソールを着用していたとの噂がっ!?)

     

    カラーは定番の白と黒に加え、カーキ、レッド、ブルー、ベージュ、マスタードの合計7色展開。どれも魅力的でどれがいいか悩ましいラインナップです。

    ブルー

     


    カーキ

     


    レッド

     


    マスタード

     

    ベージュ

     

    縁による繋がりでイベントを開催

      僕たちは同じ想いでモノヅクリに取り組んでいるこうしたファクトリーブランドのポップアップを開催していこうと思います。それはブランド理念にも通づるからです。

      地域のモノヅクリ文化を残していく為、みんなが協力して少しでもその力になれるように続けていきたいと考えています。

      本当に立ち上がったばかりのブランドですので、現時点ではここストラクトでしか見ることはできないブランドです。そして、3日間だけの開催になるので、興味を抱かれた方はお気軽にお越しくださいませ。

       

      【製品情報】

        モデル名:Origin-Hi
        サイズ:225-230/235-240/245-250/255-260/265-270/275-280
        カラー:ブラック/ホワイト/ブルー/レッド/カーキ/マスタード/ベージュ
        価格:¥19,800税込み


        モデル名:Origin-Lo
        サイズ:225-230/235-240/245-250/255-260/265-270/275-280
        カラー:ブラック/ホワイト/ブルー/レッド/カーキ/マスタード/ベージュ
        価格:¥18,700税込み

        イベント概要】

        会期中はHiとLo。白と黒のサイズサンプルをご用意。そこでフィッティングを試していただき、ご希望のモデル、カラー、サイズをお選びいただきます。

        カラーモデルは見本のみとなります。

          オーダー期間:7月29日(金)~7月31日(日)
          お渡し時期:9月末予定

          イベント実施先:struct(ストラクト)
          時間:12:00〜20:00(火曜・水曜定休)
          場所:大阪市西区京町堀2-3-4 サンヤマトビル1F struct
          電話番号:06-6447-6030
          メールアドレス:oandqa@blueover.jp

          不明点あれば、なんなりとハラダ店長チャットまでお気軽にお声がけくださいませ!

          ピックアップ

          きつくても、ゆるくても心配ありません。

          サイズ交換1回無料

          初めて履くブランドの靴のサイズ選びは不安があります。そこでブルーオーバーでは、1回分の往復送料を負担いたします。気兼ねなくご注文くださいませ。

          交換の流れを見る

          長く履いてもらうために

          修理について

          blueoverの靴は修理が可能です。一部モデルに関しては、ソールの張り替えなど受けられないモデルもございます。ご確認ください。

          修理受付フォームへ

          FAQ

          よくある質問

          よくいただく質問と回答をまとめました
          他にも不安に思うことがあれば、商品ページの質問、またはお問い合わせよりご連絡ください

          よくある質問を見る