10th PROJECT:03.革と、底材

前回の「仕様を決める」では、10周年記念のソールを交換できるマイキーこと「みんなのマイキー」には、ブルーオーバーが長年培ってきたノウハウを活かしてマッケイ製法を採用することが決定!
そしてアッパーは、ブランドオリジナルのスムースレザーの表面を起毛させてヌバックレザーを作ってみることに…! 今回は件のヌバックレザーのサンプルをチェックするところから始まります。

「01.企画会議」へ

「02.仕様を決める」へ

「04.「サンプル」の完成」へ

人物紹介

渡利(ワタリ)
blueoverの発起人であり、デザイナー。たまの趣味は木彫り。

江川(エガワ)
blueover / structのスタッフ。冬の間、編み物にはまった。


オリジナルスムースレザーの表面を起毛させてヌバックレザーに。サンプルの出来やいかに?

江川
前回から少し時間が経ちましたが、サンプルの状況どうでしょうか?

渡利
革があがって来たところ。防水ヌバックとオイルのバフがけ仕上げのやつ。どうかな?

左が防水レザー、右がオイルレザー。どちらも起毛させるために表面をバフ掛けをしたもの

江川
オイルの方、思ってた感じと違いますね…

渡利
オイルレザーのタイプのやつは、オイルが染み込み過ぎて、ヌバックにしようと表面を起毛させるために銀面をやするとき滑っちゃうらしくて、なかなかきれいに仕上がらないんだって。
タンナーの人も厳しい顔してたわ。あと表面のばらつきがひどくて、なかなかモノにならないとも言ってた

江川
はは~。そんなことが!
やってみないと分からないもんですね…
でも防水レザーを起毛させた方は、良い感じです

渡利
防水ヌバックの方は、表情崩れてないよね。いい感じで仕上がってる。
でね。ちょっと、これ見てよ。これは防水じゃない普通のヌバックに水をかけた場合

すぐに水がしみ込んで、革の色が変わる

江川
うん、まあ、こんなものですよね

渡利
お次はこのヌバック!

水を弾いて革にしみ込まない

江川
わ~っ、すごいですね。バチバチ水弾いてます!

渡利
そうなの。すごい防水機能なの。
なんか革の状態で見るとものすごい水弾いてるよね

江川
水がころころしてますもんね。
あれ? マルコの防水処理も同じものですか?

渡利
そう。同じ防水加脂材を入れてなめしてるから、同じように水を弾く

江川
もうこれは、「みんなのマイキー」に使うのは防水ヌバックに決まったも同然じゃないですか?

渡利
そうやね。こんだけ防水性能があって、ヌバックの質感も保たれているし。これで靴に仕上げて見ようと思う

底材のサンプルも到着。一見ただのソールですが…?

渡利
で、ソールのサンプルも用意できたんですけど

江川
ふむふむ、私からは、「ああ、ソール材だな」
ということくらいしか分かりませんが…

渡利
そうだよね。別に奇抜にしようとしてないから。そのリアクションでも仕方ないんだけど…まあ、説明すると、定番マイキーのソールユニットはEVAの削り出しとアウトソールのラバーの貼り合わせてつくった加工底

江川
はい、そうですよね

渡利
今回はマッケイなので、釣りこんだアッパーと加工底の間にマルコやルンマーと同じように、ワンパーツ”アイナカ”を挟むことになるんですね

※マッケイ縫いは実際には専用のミシンで行います
“アイナカ”。左がアウトソールに接する下面。右がアッパーに接する上面
溝に沿ってマッケイ縫いを施しアッパーに縫い付ける

渡利
この”アイナカ”をつり込んだアッパーとマッケイで縫い合わせる。
そこに更に、ソールユニットを張り合わせるって工程

江川
なるほど。なんとなく、マッケイらしくない見た目になりそうな予感がします。これはあえてなんでしょうか?

渡利
スニーカーっぽく見せたいからね。
マッケイ製法って革靴で採用されることが多い手法だから、合わせるソールは茶色や黒色が多いんだけど。今回はこの”アイナカ”も白色を手配して、張り合わせもEVAと”アイナカ”がツライチになるようにする。
マルコなんかはコバが出るように設計してるんだけど。これは全周囲ぴったっとなるようにしているんです

“アイナカ”とソールはぴったりと同じ形

渡利
まだパーツ段階だけど、靴にしたときはナイキのコルテッツのようなディティールに仕上げようと思ってます

江川
ソールだけ見ても、思ってもみないくらい色んな選択肢から選び抜いて仕様を決めてるんですね…

渡利
まあ、どんな仕事でも意外なところで苦労してたり、工夫が盛り込まれたりしますよね。お客様は具体的にはそれが何か説明できなくても、そういったディティールを感じとってもらえることは多々ある。
だから手は抜けない。甘く仕上げると見抜かれちゃうからね

江川
私も日々、ひしひし感じてます。
まだまだ靴になってないですが、次はいよいよ靴に仕上げていく感じですかね?

渡利
そうね。これらを靴にしてみる段階だね。うまくいくといいんだけど。
とにかく進めていきます!

江川
たのしみです~
よろしくお願いします


次回、いよいよばらばらだったパーツが合わさって靴の形に!
すんなり完成にこぎ着けるか…? お楽しみに~

「01.企画会議」へ

「02.仕様を決める」へ

「04.「サンプル」の完成」へ

ピックアップ

きつくても、ゆるくても心配ありません。

サイズ交換1回無料

初めて履くブランドの靴のサイズ選びは不安があります。そこでブルーオーバーでは、1回分の往復送料を負担いたします。気兼ねなくご注文くださいませ。

交換の流れを見る

長く履いてもらうために

修理について

blueoverの靴は修理が可能です。一部モデルに関しては、ソールの張り替えなど受けられないモデルもございます。ご確認ください。

修理受付フォームへ

FAQ

よくある質問

よくいただく質問と回答をまとめました
他にも不安に思うことがあれば、商品ページの質問、またはお問い合わせよりご連絡ください

よくある質問を見る